小規模多機能型居宅介護 土筆

通い・泊り・訪問のサービスを組み合わせて ご自宅での介護をサポートします

小規模多機能型居宅介護とは

住み慣れた地域での生活を継続することが出来るように同じ介護事業者の通所(デイサービス)・訪問(ホームヘルプ)・泊まり(ショートステイ)の3サービスを月額定額にて組み合わせて利用することができます。

”必要な時間に必要なことだけ利用できる”サービスのため、ご利用様一人ひとりに合わせて時間や曜日もオーダーメイドすることが可能で、突然の利用や、泊まりなどにも、24時間365日対応いたしますので、安心して在宅生活が送れます。


用語の解説:小規模多機能型居宅介護とは?厚生労働省のHPより

特長

写真:内観

本体事業所(小規模多機能型居宅介護 土筆の郷)とサテライト型事業所(小規模多機能型客介護 土筆)は、一体的なサービスを提供いたします。

登録定員18名、通いサービス9名、宿泊サービス9名で運営しています。

通い

送迎やお食事のご提供をはじめ、看護師による健康チェックや、入浴・排せつ介助、レクリエーション、機能訓練などを行います。

地域の方々との交流を含め、ご利用者一人ひとりの状態に合ったサービスを行います。

訪問

スタッフがご自宅に伺い、その時の状況や、ご利用者のご希望などにより、お食事や入浴・排せつ介助、家事のお手伝いなどの、「通い」では支えきれない時間帯の支援を、ご利用者の生活スタイルに合わせて支援いたします。


宿泊

送迎やお食事のご提供、入浴・排せつ介助などの支援をさせていただきます。急な宿泊なども可能で、ご利用者の様態に合わせて、ご利用できます。また、緊急時にも対応いたします。

*宿泊定員 9名

ケア理念

利用者一人ひとりの人格を尊重し、利用者様がそれぞれの役割を持って家庭的な環境のもとで日常生活を送ることが出来るよう配慮いたします。

施設案内